290789f5b848eddf04036bef86ae7032_s
私と夫が結婚したのは共に30歳の時。結婚生活には不満もなく、仲の良い普通の夫婦でした。

ところが、子どもを望んでからなかなか授からないことに悩み始め、33歳の時に病院で検査を受けました。

その結果、夫婦そろって授かりにくい体であることが分かりました。

二人とも時間の不規則な仕事をしていたので多少は覚悟していましたが、思っていたよりも深刻でした。

私は、ホルモンバランスの乱れから生理周期が不規則なことが問題ではありましたが、その他に異常はありませんでした。

一番の不妊原因と診断されたのは夫の方で、精液検査の結果、精子の状態が悪く自然妊娠は難しいと告げられました。

予想外の診断にショックを受ける主人

27f28b8531fec51134bd9dc8416f766b_s
夫は私以上にショックを受けているようでした。

結婚する前は、子どもができなくて悩むことになるとは夢にも思いませんでした。 

その頃、友人に二人目、三人目の子どもが生まれたり、できちゃった婚に招待されたりと素直に喜べないことが続きました。

なんだか、みんな子どもが欲しいと思ったらすぐに授かれているような気がして、自分とは違う世界に住む人たちという感覚がありました。

そんな心境なので、親子連れのいる近所のスーパーに行くのも嫌になり、幼稚園や保育園の前を通るのも辛かったです。

また、歳も歳なので、職場の人や親戚に「子どもはつくらないの。」と聞かれることもあり、人と会うこと自体面倒くさくなっていきました。

子どもを望む前はなんとも思わなかった日常のことが、いざできないとなるとこんなに悩み傷つくものなのだと知りました。

夫婦二人でできる不妊治療に専念

8e8f15b9ad5f83f5e1022493aa741727_s
こんな悶々とする日を過ごしていましたが、これではだめだと思い、夫婦一緒にやれることはやろうと決めました。

私はなるべく規則正しい生活を心がけ、それまで関心がなかった食事面でも、なるべく体に良いものを摂るよう気をつけました。

夫は、手術することで精子の状態が良くなる可能性があったのですが、進んで手術を受けてくれました。

その成果が出たのか、夫婦そろって不妊治療を始める前より体の調子が良くなりました。

私は生理周期の乱れが少なくなり、夫の精子の状態も改善してきました。

今も不妊治療は継続中ですが、後悔しないよう、今後もやれるところまではやろうと二人で頑張っています。

今は7組に1組が不妊で悩んでいると言われています。

子どもが欲しいと思ったら、積極的に妊活、不妊検査をしてほしいと思います。

生活習慣を見直したり、医療の力を借りることで改善することもあるので、私たちと同じような悩みを持つ人がいたら、夫婦で話し合い納得できるまで頑張ってほしいと思います。

管理人のアンからの回答

ご夫婦で授かりにくい体ということが検査で発見されたということで、とても辛い思いをされたのだろうなと想像します。

特に、男性側に不妊の原因があるという、男性不妊という診断はご主人様のショックは大きかっただろうと思います。

不妊と聞くと、まだまだ世間では女性不妊という認識が根強くあるのが事実です。

そんな中で、ご夫婦そろって一緒に不妊治療に専念されている姿はとても素晴らしいです。

ご主人も精子の状態をよくする手術を積極的に受けてくれるというのは本当に良かったなと思います。

医療の力を借りつつ、日頃の生活習慣の見直しなど、ご夫婦でできることをやってみてください。

アンSelect Goods

【男性の妊活に『妊活栄養素がたっぷりの青汁』】
精子のミトコンドリアを活性化させ、運動率・質の向上させる成分配合の男性に人気の青汁。

【水素のめぐり湯】
卵子の老化に有効と言われている水素浴、妊活に必要な温活生活!妊活用入浴剤の水素のめぐり湯。

【ベルタ葉酸サプリ】
葉酸は体内では蓄積されにくい成分で、葉酸不足を防ぐためには、妊娠や授乳に関係なく普段からサプリメントなどで補っていくことが大切です!